ネズミ駆除の基本施策

ネズミ駆除の基本施策

ネズミ駆除を行うには、主に3つの作業が必要となります。

ネズミが棲みつきにくい環境を作る「整理整頓」、ネズミを退治・追い払うなどの「撃退」、そして再度家の中に入ってこないようにする「侵入防止」、この3つを行ってはじめて駆除が達成します。

まず、棲みつきにくい環境を整えることから始めましょう。

食料品をそのままキッチンに出していたり、食事のあとの食べカスや生ゴミは放置していませんか?食料品をクリアケースなどに入れて齧ることができないようにしましょう。


また、巣材となりやすい段ボールや新聞紙・雑誌などを放置していませんか?これらはこまめに捨てて管理しましょう。
部屋を整理整頓して物陰を無くすことで、ネズミが走り回る通路をなくしましょう。

次に、侵入経路を断ちます。せっかくネズミを排除しても、入口が開いているのでは意味がありません。

具体的な方法としては通風口や排気口などを金網で塞ぎます。そして、肝心の撃退方法。
こちらは粘着シートや薬剤などの罠、忌避スプレーや超音波駆除器など駆除グッズを利用するという方法。



適した場所に設置する必要があるものの、効果は出ます。


ここで大切なのが、餌となる人間の食物を齧らせないということ。



兵糧攻めをすることにより、どんどん追い込まれていきます。

そうすることで毒の餌を食べやすくなったり、警戒心が鈍くなり罠にかかりやすくなります。

また、部屋を片付けたことにより通路が限定され(ねずみは広い空間を走るのを嫌がります)、壁の隅や部屋の隅に仕掛けておけばあっという間にひっかかります。一週間から10日前後だけ、家中の食べ物をはじめ、せっけんや化粧水などかじる可能性があるものは全てクリアケースの中に入れてしまうという方法も有効です。

ねずみは2~3日飢餓状態が続くと死んでしまうため、焦って罠に引っかかりやすくなったり、逃げ出す可能性も上がります。



Copyright (C) 2017 ネズミ駆除の基本施策 All Rights Reserved.