駆除が難しいとされているネズミとは

駆除が難しいとされているネズミとは

最近、ネズミ駆除においてはスーパーラットの存在が確認されています。

都会を中心として被害が急増していることが確認されており、報告されている被害の大半がスーパーラットによるものとされている地域もあります。
スーパーラットは、その多くがクマネズミが毒への耐性を持ったことから出現しています。



一般的に住宅の天井裏で走り回るほとんどがクマネズミと言われていますが、遭遇する確率は高いものの警戒心が非常に強く罠にもかかりにくいために、一般の家庭で駆除を行うのは難しい存在になっています。

スーパーラットが出現したことで更に駆除が難しくなり、完全に行いたい場合などでは専門業者への依頼が必要になってきます。

スーパーラットの出現に関しては、もともと耐毒性を持つものがいたことや、遺伝が原因であると言われています。



厄介なのは習性の1つでもある出産数の多さがあり、増えていくことによってより耐毒性のあるスーパーラットが作られていくことになります。


ネズミの駆除に関しては毒エサとしてはこれまで内出血をさせることで殺す薬が使用されてきました。しかしスーパーラットには全く効果が無く、現在では対処法の1つとしてリン化亜鉛を成分とする殺鼠剤の販売が行われています。

薬品はネズミが食べた場合には胃液と反応し、毒ガスを発生させることで殺す効果があります。


ただし、これまでの殺鼠剤以上に毒性が強く劇薬指定となっているために、家庭で購入をする場合には十分に注意をする必要があり、子供やペットがいる場合にはできるだけ購入は控えることが大切になります。



Copyright (C) 2017 駆除が難しいとされているネズミとは All Rights Reserved.